銀河の雫 はじまりはひとつ

ヒマラヤの麓に住むネパールの人たちは、自然も人もみんな全部がつながっていて、ひとつだということを知っているという。「手も目もひとつ。手が目を責めないように、人は本当は誰のことも責めずに愛して生きていける」ネパールの人々の優しさに、幸せとは何かを問われているような気がする。美しい映像にも心惹かれる映画。

銀河の雫 はじまりはひとつ

詳細 »

宇宙(そら)の約束 感謝祭(Volume3)  〜山元加津子編〜

2016年12月11日、8年越しに、宇宙の約束の感謝祭が行われました。その様子を、3部に分けて、配信します。第3部は、出演者の、山元加津子さんの講演です。映画で表現している、宇宙の約束の詩は、どうやって生まれて来たのか、また岩崎靖子監督との裏話。山元加津子さんが、宇宙の約束では伝えれなかった事を、次の作品である、銀河の雫で伝えいている内容などなど、お話をしていただきました。「宇宙に愛されている」とは何か?かっこちゃんワールドをご覧下さい。

宇宙(そら)の約束 感謝祭(Volume3)  〜山元加津子編〜

詳細 »

宇宙(そら)の約束〜いのちが紡ぐ愛の詩〜

山元加津子第2弾ドキュメンタリー。今回は映画「1/4の奇跡」でプロデュースコーチ&ナレーションを務めた岩崎靖子が監督

宇宙(そら)の約束〜いのちが紡ぐ愛の詩〜

詳細 »

映画「僕のうしろに道はできる」30分短縮版

脳幹出血で突然倒れた宮ぷーこと宮田俊也さん。意識も戻らず、一生四肢麻痺と思われましたが、現在は、機械を使っておしゃべりしたり、車椅子に乗って外出したり。奇跡の復活、でも奇跡ではなかった。そこにはあきらめないで、リハビリし続けた宮ぷーがいた。一緒に歩く仲間たちがいた。生きるってどういうこと?幸せってなんだろう?いのちと向き合うって?目に見えないけれど大切なことがいっぱい詰まったドキュメンタリー。

映画「僕のうしろに道はできる」30分短縮版

詳細 »

映画「僕のうしろに道はできる」30分短縮版(日本語字幕あり)

脳幹出血で突然倒れた宮ぷーこと宮田俊也さん。意識も戻らず、一生四肢麻痺と思われましたが、現在は、機械を使っておしゃべりしたり、車椅子に乗って外出したり。奇跡の復活、でも奇跡ではなかった。そこにはあきらめないで、リハビリし続けた宮ぷーがいた。一緒に歩く仲間たちがいた。生きるってどういうこと?幸せってなんだろう?いのちと向き合うって?目に見えないけれど大切なことがいっぱい詰まったドキュメンタリー。

映画「僕のうしろに道はできる」30分短縮版(日本語字幕あり)

詳細 »