映画「日本一幸せな従業員をつくる!」30分版(日本語字幕あり)

名古屋駅前の老舗ホテルは、4期連続の赤字にあえいでいた。新たな総支配人に選ばれた柴田秋雄氏は、柴田流の再建策に乗り出す。それは、リストラでも、成果主義導入でもなかった。従業員が参加して、経営理念をつくり、みんなで合宿して夜を徹して夢を語り合い・・・。そう、夢は「日本一幸せな従業員をつくる」こと。従業員のお誕生日会、従業員食堂のリニューアル、続々はじまる試み。このホテルは教えてくれる。誰もが幸せに働ける、誰もがともに幸せに生きられる。それは夢じゃないことを。名古屋の小さなホテルに起きた真実の物語。

映画「日本一幸せな従業員をつくる!」30分版(日本語字幕あり)

詳細 »

映画「僕のうしろに道はできる」30分短縮版(日本語字幕あり)

脳幹出血で突然倒れた宮ぷーこと宮田俊也さん。意識も戻らず、一生四肢麻痺と思われましたが、現在は、機械を使っておしゃべりしたり、車椅子に乗って外出したり。奇跡の復活、でも奇跡ではなかった。そこにはあきらめないで、リハビリし続けた宮ぷーがいた。一緒に歩く仲間たちがいた。生きるってどういうこと?幸せってなんだろう?いのちと向き合うって?目に見えないけれど大切なことがいっぱい詰まったドキュメンタリー。

映画「僕のうしろに道はできる」30分短縮版(日本語字幕あり)

詳細 »

映画「蘇れ生命の力」30分短縮版(日本語字幕版)

真弓小児科。小さな診療所に「名医」との評判を聞きつけた人々が全国から訪れる。院内にはクスリも注射もない。代わりに、時間をかけて生活習慣のアドバイスをする。「病気を治しているのは、医者ではない。自然治癒力だ。」失われつつある生命の力。真弓は問う。「忘れてはいないだろうか?私達は自然に生かされている、いち“動物”である」。真弓に出会って、生き方まで変わってしまったという親子も少なくない。現代社会の中に埋もれていく叡智を、生涯をかけて伝え続ける小児科医真弓定夫、そして各界で同じように生命の力を信じ、歩き続ける人々を追いかけたドキュメンタリー。

映画「蘇れ生命の力」30分短縮版(日本語字幕版)

詳細 »